【アーカイブ視聴チケット】ウェブディレクターのためのライブ配信ノウハウ
sale

【アーカイブ視聴チケット】ウェブディレクターのためのライブ配信ノウハウ

¥9,000

¥6,300 税込

30%OFF

※こちらはダウンロード商品です

ticket_webinar_001.pdf

377KB

☆ウェビナー参加者満足度 4.7(5段階評価) ☆大好評ウェビナーのアーカイブ動画が登場 ウェビナーやオンラインイベントなど、ネット中継をはじめとする動画配信が主流となってきました。 企業のプロモーションやブランディングにも、ライブ配信を活用する場面が増えてきています。 ライブ配信は、映像や音響の専門的なスキルが求められます。 「カメラやマイクを用意すればOK」というわけにもいかず、撮影するロケーションやシチュエーションに合わせた最適な機器を選び、また、ライブ配信コンテンツをターゲットユーザーに的確に届けるための配信プラットホーム選び、それぞれの特性をふまえた設定も大きなポイントです。 それは、ウェブページやサイトを構築する技術とは異なる「畑違いの分野」ではありますが、今後、動画配信の需要が増すほどに「ウェブディレクターがライブ配信を手掛ける機会」は増えていくと考えられます。 これまで数多くのライブ配信ワークをディレクションしてきた講師のノウハウを凝縮! 今、知っておくべき&身につけておくべき「ライブ配信ノウハウ」を、初心者にもわかりやすくお届けします。 ※アーカイブ動画は「チケット購入者のみ」視聴できます。 ※チケット購入後「24時間以内」にログイン情報(IDとPASSWORD)をメールでお送りします。 ※動画ファイルはストリーミング形式となります(ダウンロードはできません)。 ■収録内容 講義本編:約2時間20分 質疑応答:約1時間25分 ①動画配信の基礎 ・動画を構成する要素 ・視覚情報(映像)と聴覚情報(音声) ・動画ならではの特性 ・言外情報の伝達 ・時間軸のデザイン ・ライブ配信前の準備 ・シナリオとコンテ ・進行表の作り方 ②専門機器について ・ライブ配信に必要な機器と仕組み ・カメラの種類とそれぞれの特徴 ・ポジションとアングル ・撮影テクニック(カメラアクション) ・超えてはいけない「イマジナリーライン」 ・マイクの種類とそれぞれの特徴 ・収音テクニック(マイキング) ・マイクの指向性 ・ピンマイクの取付位置 ・ノイズの種類と対策 ・撮影と収音を支援する装置 ・ビデオミキサーについて ③配信ツールについて ・配信エンコーダとは ・配信プラットフォームとは ・ツール毎の「一長一短」な特徴比較 ・Facebook Liveの特徴 ・YouTube Liveの特徴 ・Zoomウェビナーの特徴 ・Vimeoの特徴 ・ウェブページへの「動画埋め込み」時のポイント ④ライブ配信事例のご紹介 ・事例「インタビュー番組」 ・事例「ノウハウ系コンテンツ」 ・事例「企業ブランディング」 ・事例「製品プロモーション」 ・ライブ配信コンテンツの指標 ・最も売上が伸びたライブ配信 ⑤質疑応答フォローアップ ■アーカイブ視聴期間 2021年12月31日まで ※期間中は繰り返し視聴できます。 ※動画ファイルはストリーミング形式となります(ダウンロードはできません)。 ■講師プロフィール 田口 真行(たぐち・まさゆき) 株式会社エンタミナ 代表取締役 ウェブディレクター協会 主宰 1999年、フリーのウェブディレクターとして独立後、株式会社デスクトップワークス(現:株式会社エンタミナ)を設立。企業サイトの企画~設計~制作~運用を手掛ける傍ら、攻殻機動隊トリビュートアルバムのアートディレクションやSKYPerfecTV!『DesktopTV』のプロデュース、ライブ配信番組やセミナーイベントの主催など幅広く活動。また、独自手法のディレクション・メソッドを題材にした実践型セミナー&研修講師として、全国各地での講演活動を展開。2017年、世界初となるWebディレクター向け支援ツール『Webディレクター手帳』を開発。2018年、書籍『ディレクション思考』の執筆及び出版。2019年、ライブ配信セミナー『現場学校』やウェブディレクターの能力を可視化する業界初の試み『ディレクション検定』をスタート。株式会社スクー「最優秀公認団体賞」受賞。CSSNite「ベストスピーカー」を2年連続受賞。